キッチンで起こる水のトラブルはどう解決する?

食事を作る、調理器具を洗う、使い終わった食器を洗うなど、毎日使用することが多い台所の水の使用量を考えてみると、一回で使用する量は少なくても、全体で見ると結構な量になります。水栓をひねればいつでも清潔な水が出てくるので、食事作りや洗浄に安心して使用することができ、使い終わった水も下水に簡単に流すことができるように排水設備が整えられています。しかし、このような設備ではトラブルも起こりやすいです。

■水栓のトラブルは水漏れの原因になる

シンクの上で起こりやすいのが、水栓のトラブルによる水漏れです。長く使っているうちにどうしても水栓本体や中の部品は劣化してしまいます。使う頻度が高ければ高いほど壊れやすくなってしまいますし、不具合が目立つようになってきます。水栓が緩んでいるとやはり水が漏れてきてしまいますし、さらに深刻な状況では勢いよく水が噴き出して止まらなくなってしまうこともあります。こうなってしまうとシンクや調理台だけでなく、床や壁なども水浸しになってしまい、被害は大きくなります。水栓が原因で水が漏れている場合は、シンクの下などに設置してある止水栓を締めるとひとまず水を止めることができ、水栓本体を交換することで解決できます。

■排水管の詰まりは普段の使い方も重要

水を使用する、使用した水を流すことができる設備が整っている以上、どうしても避けることができないのが、水のトラブルです。使用した水が流れていく排水管が破損したり、詰まってしまうと水漏れが起こります。排水管そのものの経年劣化であることも原因としては多いのですが、中にはキッチンの使い方を間違えていることで詰まりを引き起こしている人もいます。揚げ物の油をそのままシンクに流したり、食べかすなどの生ゴミを流したりすると、当然詰まりやすくなってしまうので、普段の使い方を振り返ってみましょう。

■まとめ
キッチンで起こる水のトラブルは、自分で直すことができるものもありますが、被害が大きくなると修理業者に依頼する必要に迫られてしまいます。普段からトラブルを防止することができるように、使い方にも注意しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ